FC2ブログ
東京 六本木・赤坂の変態SMクラブ「マニアック」麻縄緊縛大好き ナオミ女王様のブログです。女性のお客様も大歓迎です。
※当ブログに掲載されている画像等の無断転載はご遠慮下さい。
◆女性のプレイ希望者の方も多数対応してます。ぜひこちらをご覧下さい。  →女性の方へ
コメントのお返事
猛暑が来たり、激しい夕立がきたりと不快な天気が続いていますが。
身体壊していませんか?夏バテしてませんか?

えぇ、私はしっかり夏バテしまして食欲がない日が続いていたら…。
無駄に体重が落ちてしまいました。
体を鍛えて、体形の落としたい場所を狙ってボディラインを作るのはとても楽しい行為なのですが。
意図的でなく体重が落ちるのは、体力も落ちてしまうのでよくないですよね。

でもね、変態プレイをするとお腹もすいて食欲もわき、元気になれるのよね。
プレイしにきてくれる、愛しいマゾヒストたちに元気貰ってるなぁと改めて実感したわ。

変態行為は絶対に、健康でないと楽しめません。
暑苦しい気候も吹き飛ばすような、あっつーいプレイを楽しむためにもね。
体調管理も変態行為の大事な任務!
お互いしっかり自分の管理もしていきましょう。

いろんな子からブログで掲載する為の、プレイ写真を撮らせてもらって本当にありがとう。
マイペースにはなりますが、後ほどちゃんと公開羞恥させていただくわ。
私にいじめられてる写真見て、また興奮してくれているのかなって思うと私も更新しがいがあります。
ガマン汁たらしながら待っててね☆


ブログへのコメントありがとうございます。
返信しますわ。

************************************

>信行さん
あら、このブログで晒されたいの?
んじゃぁ、プレイを頑張って受けることね!
SM歴30年なんてつわもののマゾヒストとプレイすることもありますが、誰にでも初めてがあります。
初めての快楽が大きいからこそ、長く変態を続けちゃうのでしょうね。
SM変態プレイは成長する楽しみがあるのよ。
いきなりハードなことは誰もできません。
身体を壊すだけの行為になってしまいます。
でもね、ちょっとずつプレイを乗り越えて行くうちに気付いたらものすごいハードなことができる身体に成長しているのよ。
プレイを続けて、受け手が成長してくれるのは私もとても嬉しいものです。
浣腸プレイは希望があればいつでもできるよう、ガラス浣腸器は常に持参しています。
事前に浣腸プレイをやりたいと言ってもらえれば、普段プレイで使っているものよりも大きいガラス浣腸器を持参することもできます。
予約時の電話でぜひアピールしてくださいね。
会えるのを楽しみにしているわ。



>こーいちさん
そう、こーいちさんの言うとおり、緊縛って縄を伝って感情が行き来するのよね。
縛るとか拘束って行為だけでなく、お互いの思いが麻縄を伝ってマッチするときが私も最高に興奮します。
緊縛経験もあり縄好きなのでしたら、私も心をこめて緊縛の快楽を伝える縛りをしたいと思います。
本気で緊縛を楽しむためにも、健康はしっかり維持しておいてくださいね。



>yoshiさん
逆さ吊りは、縄の負担もかかり頭が下になるので気持ち悪くなる人も多いです。
逆さにする場合、縄をかける場所などの緊縛の技術ももちろん必要ですが、受け手がよっぽど強かったり縄好きでないと、ほんときつくてつらいだけになってしまうのです。
気持ちよくなって欲しくて縛るので、あえてただの拷問にしかならないようなプレイはやろうとは思ってないのだけど。
そんな拷問みたいなプレイが快楽になってしまう、yoshiさんみたいな人もいるのよね。
逆さになって縄の拘束に耐えながらも、気持ちいい顔で喘いでくれる姿が私もプレイしててすごく興奮したわ。
もっと変態として成長してくれるのを楽しみにしてるわよ。

************************************

DSC_3324.jpg

→→出勤スケジュールはこちら
出勤していないときでも、事前に予約いただければスケジュールを
合わせられるときは対応します。
早い時間や遅い時間等、お気軽にお問合せくださいね。

ご予約お待ちしてます。
【赤坂・六本木SMクラブ マニアック】
電話番号:03-3582-2223


88_31naomiblog3.gif

東京SMクラブ【六本木・赤坂】SMクラブ
クラブマニアックホームページ



 ←PC版で拍手ランキング集計&表示中。
別窓 | コメント返事 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top
<<尿道プレイでイっちゃう?! | SMマニアック女王様 ナオミブログ | 背面吊りと、ち○こ吊り緊縛>>
この記事のコメント
∧top
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top
| HOME |