FC2ブログ
東京 六本木・赤坂の変態SMクラブ「マニアック」麻縄緊縛大好き ナオミ女王様のブログです。女性のお客様も大歓迎です。
※当ブログに掲載されている画像等の無断転載はご遠慮下さい。
◆女性のプレイ希望者の方も多数対応してます。ぜひこちらをご覧下さい。  →女性の方へ
お土産のお礼と、女装子ちゃんプレイ用のワンピ追加のお知らせ
ごめん!
プレイで楽しい時間をすごし過ぎてて。
なかなかこっちで写真晒しプレイができてないね。

写真をプレイ中に撮ったのに、いつアップされるんだろうって悶々もしてる貴方!
気長にお待ちくださいな。

初めての子でもすごいブログを読んでくれてて。
ブログにあったこういうプレイがしたいとか、ブログに載ってたあのプレイはどんな感じですか?
って質問きたり。

やりたかったり興味のあるプレイを、事前にイメージや妄想を抱いてきてくれるので。
私も説明がしやすかったり、快楽に誘導しやすかったりして。
変態行為で気持ちよくなってもらえば、お互いに楽しい!みたいなね。

先日もはるばる遠方からプレイのためだけに、アルファインに来てくれる子がいて。
お土産持参までしてくれたわ。
わざわざ交通費と時間をかけて、いじめられに来てくれる奇特な変態っぷりだけで私は嬉しいんだけどね。

ままどおると、
140623_001.jpg

くれた彼的には「オススメはこっちです」って言ってた、パイ菓子。
140623_002.jpg

どっちも初めて食べたけど、美味しかったよー☆
パイはオススメなだけあって、白あんとクルミの感じがパイにマッチしてたわ。
ありがとね。
お礼はまた次回のプレイでたっぷりと返してあげる!!!(笑)


端数のおつりとか、お心遣いとか。
ちょいちょいいただくチップは、全てプレイ道具基金として有効に活用させていただいてるわ。

何せ変態道具は特殊なのばかりで、決して安価なものではないので…
新しい変形の尿道ブジーとかアナルフックとかプレイ衣装とか。
そのときの気分で使ったり、もちろんリクエストしてくれればプレイで持参もしてます。
後ほど、このブログ内でもきちんとこんな道具を追加しましたよってお知らせはしたいなと思ってます。

ちなみにこの前、かわいーって衝動的に買っちゃったのがこちら。
kurowanpi_01.jpg
これは女装子ちゃん用のワンピです。
細身に見えて、生地はすごい伸縮性あるし、胸下の切り返しもゴム仕様だし。
ブラカップはパッド内蔵だし。
キャミタイプだから、肩幅とか気にせず着こなせるし。
細身~普通体型の男性なら無理なく着れると思うわ。

なかなかね、かわいいって服はあっても男性視点の着心地で見ると、良い服って探すの難しいのよね。
かわいさと伸縮性重視、あと緊縛の麻縄も映えそうなのと、股間が見えるか見えないか丈のワンピース。
見た目だけでなく、着ながらプレイも受けやすい所がポイントです。

女性の服を着てプレイしてみたくなったら、このブログにでも
「予約したので、女性用の服を持参で」って書き込んでもらえれば、ちゃんと持参するわ。

普段、女装する訳ではないって人でも。
女の子の服を着て変態行為をするってだけで、非日常が楽しめるのではないかしら。

ちなみに男性用のブラジャーってのもあります。
menbura_1.jpg
こちらの男性用のブラジャーについては、この日記↓を参考にして頂ければ詳細記載してます。
http://maniacnaomi.blog.fc2.com/blog-entry-328.html

今日もいくつかプレイ予約入ってるので。
どんな変態ちゃんに会えるか楽しみ。

プレイ内容での秘密の要望、ちゃんとフロントから聞いてるから予約した子は安心してね。
個人的だったり、特殊な要望は大歓迎よ。
事前に言って貰えれば、私もイメトレしてからプレイに望めるしね。
のちほど(っていうかもう数時間後ね)、宜しく!

DSC_0184.jpg

→→出勤スケジュールはこちら
出勤していないときでも、事前に予約いただければスケジュールを
合わせられるときは対応します。
早い時間や遅い時間等、お気軽にお問合せくださいね。

ご予約お待ちしてます。
【赤坂・六本木SMクラブ マニアック】
電話番号:03-3582-2223


88_31naomiblog3.gif

東京SMクラブ【六本木・赤坂】SMクラブ
クラブマニアックホームページ

海外 SMグッズ 通信販売 専門店 tarantula(タランチュラ)   
別窓 | ひとりごと | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top
<<変態デビューちゃんの緊縛初体験 | SMマニアック女王様 ナオミブログ | 徐々に苦しくなる吊り展開の末、逆エビ吊り緊縛へ>>
この記事のコメント
∧top
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top
| HOME |