FC2ブログ
東京 六本木・赤坂の変態SMクラブ「マニアック」麻縄緊縛大好き ナオミ女王様のブログです。女性のお客様も大歓迎です。
※当ブログに掲載されている画像等の無断転載はご遠慮下さい。
◆女性のプレイ希望者の方も多数対応してます。ぜひこちらをご覧下さい。  →女性の方へ
剃毛でパイチンにされてペニス緊縛
8月26日(火)【逆さ開脚吊りの快楽】の日のプレイ。

本人たっての希望で、剃毛プレイ。
びっちり生えていた陰毛がカミソリが通るたびに体からはがされていく。
140825_02.jpg

縄で足をあげて固定して。
そのまま玉裏~アナル周りまでツルッツルに。
パイチンになっただけでなく、パイパンアナルが卑猥でいやらしい。
140825_03.jpg
自分から希望したクセに、すごい恥ずかしがってたからおかしかったわ。
まぁそりゃそうよね。
自分で見ることの出来ない玉裏やアナル周りの毛をチェックされて。
私に局部を間近で凝視された上に、年月をかけて生えてきた体の一部である毛を剃られちゃうのだから。

剃りたての敏感な肌にギッチギチに縄をかける。
140825_06.jpg
ペニス緊縛をうんと堪能したい子は、可能ならパイチンはオススメです。
局部の敏感な皮膚にギュギュッっと麻縄が食い込む感じを堪能できるのよ。

でもって毛があると縄に毛が絡むので。
パイチンよりは縛りにくいし受け手も無駄に毛がすれて痛かったりするの。
もちろん自分で剃ってきてもいいし、私にプレイで剃られちゃってもいいし。
私生活に支障のある子は、全剃りじゃなくても多少の毛のカットでも縛られる感覚が変わってきたりします。
興味ある子はプレイ前でもプレイ中でも陰毛のお手入れをリクエストしてみてね。

全身縛って吊り床から逃げられないように固定して。
縛ったペニスをギュギュっと握り締める。
140825_04.jpg
私の手の力加減で、思わず声が漏れちゃう。

乳首もね、やさしくサワサワってしたかと思えば、突然ギュッって爪を立てられちゃう。
やられたときの反応が楽しいんだもの。
貴方は私を喜ばすおもちゃなの。
私の好きなようにもてあそぶわ。
140825_05.jpg

全身、緊縛拘束されてひどいことされてるくせに…。
「気持ちいいです~」って何度も言っちゃう変態ちゃん。
140825_07.jpg

まだまだ半そでを着る季節なので、腕への縄は今回は懸念。
その分、縄が直接胸周りを締め付けるので。
いつもよりも苦しさ倍増なはず。
140825_09.jpg

例えばどんなに立派な人だろうが偉い人だろうが…。
私の前に立てばみんな平等で、ただの変態でしかない。

その変わり私が立派な変態に育ててあげるわ。
今まで味わったことのない快感を知って、更に欲求を高めてしまえばいい。
140825_08.jpg

体全体にきつーく食い込む縄。
呼吸するだけで縄が締め付けられる。
140825_10.jpg

これから吊り縄をかけて、地に足をつける自由さえ奪っちゃうから。
140825_11.jpg
空中に浮いたら、貴方の全てが私に管理されるのよ。

DSC_3264.jpg

→→出勤スケジュールはこちら
出勤していないときでも、事前に予約いただければスケジュールを
合わせられるときは対応します。
早い時間や遅い時間等、お気軽にお問合せくださいね。

ご予約お待ちしてます。
【赤坂・六本木SMクラブ マニアック】
電話番号:03-3582-2223


88_31naomiblog3.gif

東京SMクラブ【六本木・赤坂】SMクラブ
クラブマニアックホームページ

SM女王様データベース エロビデオネット 日本SM協会 中枢刺激ランキング
別窓 | プレイ(緊縛、他) | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top
<<コメントのお返事 >早、K、渡隷子、リョウ&ネネ | SMマニアック女王様 ナオミブログ | 縛られた恥ずかしい自分の姿と対峙>>
この記事のコメント
はじめまして
以前の記事に寝取られプレイと書かれていたのですが、実際に他に男性の方が参加されるのでしょうか?
でしたら是非ともしてみたいのですが…
2014-09-18 Thu 19:55 | URL | M氏 #r4sbyV/Y[ 内容変更]
ナオミ女王様初めましてです。

自分達は30代のMMカップルなのですが
カップル調教は可能でしょうか?

二人とも家畜系のプレイが好みです。
アナルや飲尿やスパンキングなども可能です。

希望は人間以下の家畜におとされ
汚され、犯され、感じてる彼女を
見ながらオナニーしたいと思ってます。

よろしくお願い致します。
2014-09-05 Fri 05:26 | URL | リョウ&ネネ #-[ 内容変更]
∧top
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top
| HOME |